tile3

税理士試験対談-5科目受験と大学院で税法免除どっちがいいの問題などなどー

目次-こちらをクリックすると下にスライドします-

三人の経歴

対談の経緯 (管理人 廣升健生より)

2015年12月28日に、実施した税理士試験についての対談です。

当サイト【升メディア】で多くの方に読んでいただいている税理士試験の勉強方法【パン屋が税理士になる方法】

これは、サイトの管理人である、廣升健生(ひろますたけお)がパン屋から一念発起して、税理士試験を勉強した勉強体験記です。合格科目は、簿記論、財務諸表論、法人税法、消費税法、固定資産税の5科目。このコンテンツを読んでいただている方であれば、ご存知のように税理士試験は5科目の科目合格制であり、会計科目及び税法の一部の必須科目を除いて自由に科目選択をすることが出来ます。

また、税理士になる方法としては税理士試験を5科目合格する方法の他にも複数の方法が存在します。※詳しく知りたい方はwikipedia [税理士試験]を参照

その中で、税理士試験を受ける受験生の中では比較的に、邪道あるは抜け道的に捉えられている【大学院の学位】を取得することによる、合格科目の一部免除という選択肢があります。

受験生時代の自分も含めてですが、5科目合格をした、あるいは目指している方からすると、なんだか不公平だと感じるのは正直な感情だと思います。しかし、自分が税理士として独立開業して丸3年経ち(2013年1月独立)正直な感想として、5科目合格の強みもあるけれど大学院で学位をとり税理士になるという選択は税理士の登録をするための選択肢以上に、実は実務にはむしろ有用なのではないかという興味がわきました。

対談の中でも触れている話になりますが、具体的には税理士試験は競争試験であり、どの科目も10%~15%の合格率です。そして試験の内容は計算問題と、理論の丸暗記を元に事例などにそって回答していくもの。近年は計算も理論の応用力を問われる試験傾向になってはきているようですが、少し乱暴な言い方をすれば経営のアドバイザーとして税理士の資質を問うている試験というよりは、長時間の受験勉強を突破できる、集中力と忍耐力を試される【我慢比べ】的な資格試験だと考えています。※詳しくは【それでも税理士目指しますか】 を参照

対して、大学院の勉強とは対談でも、少し聞いたところ租税の体系的な理解や、租税裁判の判例を研究したりディスカッションをしつつ論文を作成するといういわゆる自分の頭で考える学習を行うそうです。

これも、対談の中で触れている話ですが、自分自身は今現在独立開業の税理士として、実務に一番役に立っていると思っているスキルは資格の大原での法人税法の講師経験だと考えています。理由は、講師として、税理士受験生に受験指導をするにあたって自分自身が体系的に税法を理解する必要があり、それを仕事を通じて学んだことだと考えています。

もし、仮にその経験がなく5科目合格のみで税理士の実務家になったとしたら、体系的な理解や、レクチャーするスキルもそうですし、今の当サイトも存在しないと思っています。※詳しくは【人生に大切なことは、大原の税理士試験の講師時代に学んだ】を参照

そんな時に、うってつけの方が二人いました。現在税理士試験受験中でこれから大学院で税法免除を考えている大浦(おおうら)さんとすでに大学院で税法免除をとり税理士として独立開業している上村(かみむら)さん。※詳しいプロフィールは下記を参照

3人は、現在の状況も異なるし、税理士試験への取り組みも異なりますので実際に対談をしてみて、自分自身も新たな価値観の発見がありました。特にやっぱり大学院とても良いじゃんと…

話は少しそれますが、この対談の日の夜に【税理士試験挫折組の森原貴造(森原たかぞう)(仮名)】飲み会をしていました。彼は、36歳の現在警備員のアルバイトをする実家暮らしです。

今回の対談の後ということもあり、すでに簿記論、財務諸表論を合格しているのなら、大学院にこれから行っても良いのでは?という話をしました。でも、彼は今の現状がなんだかんだで居心地が良いようで、今更そんなことしないと言ってました。

でも彼に質問をしました。もし、映画【バック・トゥ・ザフィーチャー】の様に過去に帰って、その当時の自分自身の人生を変えられる可能性があるとして、どこかに戻って昔の自分にアドバイスしたい時があるのかと。彼は、大学3年の税理士試験をめざす時に戻ってそんなに、試験は甘く無いから就職しろと言ってやりとの事でした。また、当時の彼の同級生には、大学院で税法免除をとった仲間もいたそうです。

その彼は、もちろん今も税理士として、実務で活躍しているそうです。ただ彼の言葉の節々には、大学院の同級生に対しての羨ましさもあり、自分のあきらめた感情もあるのか、どこか認めていないニュアンスの言葉が聞こえてきたのが印象的でした。

独立開業を考えているなら最短距離の方法を探せ

今回の対談をする前から自分のポリシーは、税理士になりたいならあらゆる方法を調査検証してみて自分の能力や年齢、家族や経済環境を考慮して、可能性の一番高い最短距離を選択しろということです。

5科目受験も、大学院も、あるいは税務職員になってキャリアを積んでもいいわけです。たとえば、対談のメンバーの大浦さんは税理士をめざしたのが38歳。ここから五科目受験して合格する年数と、費用(機会損失も含めて)を勘案して、大学院という選択をしています。自分から言わせばこれは、逃げの選択ではもちろんありません。聡明かつ戦略的な選択です。

税理士になることがゴールじゃない。税理士になることはスタートだ!ってよく聞きませんか?自分も講師時代に受験生に対してよく言ってました。でも、当時を思うと、受験指導をしているわけで受験で合格することがゴールだったんです。だから、税理士試験を5科目合格して税理士になることが正しくてそれ以外の方法は邪道となる。

でも独立開業すると、リアルに本当にスタートラインに立っただけを実感します。。本当にスタートラインから一歩も先に出てません。一歩もですよ一歩も。

だって、独立開業したらもう10年以上も前から独立開業をして、お客様と信頼関係を築いている海千山千の先輩税理士が沢山いらっしゃいます。そして税理士だけならまだしも、記帳代行をアウトソーシングで解決する会社や、税務代行は出来ないとしても経営相談をする士業やコンサルタントとしのぎを削っていかなければ、そもそも事務所運営も出来ませんから。

だったら、五科目合格か他の方法かなんてどうでも良いから、しっかり勉強してとっとと税理士になりましょう!

そうでないと会計税務の業界でだけで通じる価値観から外に出ることができなくなります。

インターネットは良いところは、リアルで付き合っている目の前の仲間たちの価値観だけではなく、もう少し大きな視野だったり少し前にその経験して走っている先輩達の、考えを知ることが出来ることだと思います。もちろん、自分も独立開業して右も左もわからない時に、参考にした先輩税理士がいました。※詳しくは【税理士事務所の独立開業時に参考にしたい先輩税理士】

この税理士対談コンテンツが税理士になってからの方向性を考えるための、キッカケにしていただける方がいらっしゃれば幸いです。

税理士試験対談の目次

目次total

tile3
税理士試験対談-5科目受験と大学院で税法免除どっちがいいの問題などなどー

税理士試験対談-5科目受験と大学院で税法免除どっちがいいの問題などなどー 目次-こちらをクリックすると下にスライド...

01大学院で税法免除を選択した理由n
大学院で税理士試験の税法免除を選択した理由

大学院で税理士試験の税法免除を選択した理由 ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言を上記対談を...

02アラフォー受験生の税理士試験戦略
アラフォー受験生の税理士試験戦略

アラフォー受験生の税理士試験戦略 ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言を上記対談をもとに加筆...

03 大学院ってどういう仕事をするの?
大学院で税理士試験の税法免除ってどういう勉強をするの?

大学院で税理士試験の税法免除ってどういう勉強をするの? ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と...

45科目受験者が考える受験する意味とはS のコピー
5科目受験者が考える税理士試験を受験する意味とは

5科目受験者が考える税理士試験を受験する意味とは ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言を上記...

5s現役受験生が疑問に思う税理士試験の意味
現役受験生が疑問に思う税理士試験の意味

現役受験生が疑問に思う税理士試験の意味 ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言を上記対談をもと...

6s税理士試験の5科目受験より大切な経験の話
税理士試験の5科目受験より大切な経験の話

税理士試験の5科目受験より大切な経験の話 ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言を上記対談をも...

7s税理士と公認会計士はどっちがいいのか議論
税理士と公認会計士はどっちがいいのか議論

税理士と公認会計士はどっちがいいのか議論 ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言を上記対談をも...

8s税理士業界の中での格付け
税理士業界の中での格付け

税理士業界の中での格付け ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言を上記対談をもとに加筆修正して...

9s独立税理士が大学院でいいんじゃん?という理由

独立税理士が大学院でいいんじゃん?という理由 ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言を上記...

10s税理士試験を五科目合格してよかったこと
税理士試験を五科目合格してよかったこと

税理士試験を五科目合格してよかったこと ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言を上記対談をもと...

11s税理士試験合格に一番必要なのは環境
税理士試験合格に一番必要なのは環境

税理士試験合格に一番必要なのは環境 ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言を上記対談をもとに加...

12s税理士試験の合格までの勉強時間について
税理士試験の合格までの勉強時間について

税理士試験の合格までの勉強時間について ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言を上記対談をもと...

13s税理士試験の為に親のすねをかじる事について
税理士試験の為に親のすねをかじる事について

税理士試験の為に親のすねをかじる事について ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言を上記対談を...

14s税理士試験は事業投資だ
税理士試験は事業投資

税理士試験は事業投資 ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言を上記対談をもとに加筆修正していま...

15s受験専念時代の肩身が狭かった話
税理士試験受験専念時代の肩身が狭かった話

税理士試験受験専念時代の肩身が狭かった話 ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言を上記対談をも...

16sTACと大原の受講生の違いについて
TACと大原の税理士試験受験生の違いについて

TACと大原の税理士試験受験生の違いについて ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言を上記対談...

17s大学院に行くためのお金の話
税理士試験科目免除に為に大学院に行くためのお金の話

税理士試験科目免除に為に大学院に行くためのお金の話 ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言を上...

18s税理士試験脱落組【森原貴造】のエピード
税理士試験脱落組【森原貴造】のエピソード

税理士試験脱落組【森原貴造】のエピソード ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言を上記対談をも...

19s税理士試験は撤退戦略が大事
税理士試験は撤退戦略が大事

税理士試験は撤退戦略が大事 ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言を上記対談をもとに加筆修正し...

21s税理士試験を大学受験の延長みたいに考えている人に物申す
税理士試験を大学受験の延長みたいに考えている人に物申す

税理士試験を大学受験の延長みたいに考えている人に物申す ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言...

20s大学院卒業から登録までの期間について
税理士試験のための大学院卒業から登録までの期間について

税理士試験のための大学院卒業から登録までの期間について ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言...

22s税理士として開業する時の心がまえなど
税理士として開業する心構えについて

税理士として開業する心構えについて ※下記のやりとり文は、読みやすくするため一部内容と文言を上記対談をもとに加...

 

三人の経歴

大学院に行った人-上村大輔(かみむらだいすけ)-

経歴kamimura

元々は化粧品会社のサラリーマンであったが転職失敗を機に手に職をつけたいと思い、会計事務所を経営する父の影響もあり税理士を目指す。2008年に税理士試験初挑戦にて、簿記論・財務諸表論W合格。2年目は法人税・消費税受験で消費税合格。しかもその年、法人税も回答欄をとり違えなければ受かっていたっぽかったので?調子に乗り、3年目は重めの法人税・相続税の組合せを選択して見事不合格。4年目も同じ結果に…(涙)その頃勤めていた会計事務所での疲れもたたり税理士を目指すことを辞めようとした2011年12月末、ふと大学院という選択肢に気付き、やや後ろ向きな気持ちを持ちつつも年明けから大学院を探す。2012年4月、ご縁があった千葉商科大学専門職大学院に入学、寄付金税制に関する論文に取り組む(のちに租税資料館賞を受賞)。2014年3月卒業、5月に税法免除通知が届き、7月に税理士登録。

kamimura

大学院に行こうとしている人-大浦智志(おおうらさとし)-

経歴our
Fランク大学出身、コツコツパワーで頑張るアラフォー税理士試験受験生
【きっかけ】震災を機にメインキャリアのチェンジを決意、妻が税理士法人に勤務していたこと
【戦績】5戦3勝2敗([H24]簿記論「合格」、財務諸表論「不合格」[H25]財務諸表論「合格」[H26]消費税法「不合格」[H27]消費税法「合格」)
経歴2
【属性】元不動産管理屋、3歳の娘がいるイクメン

【ポイント】いろいろ自分なりには考えてるつもりですが、「そんなに人生甘くないよ、あんた?」って感じの人かもしれません。

5科目受験をした人-廣升健生(ひろますたけお)-

経歴hiromasu

1978年東京都品川区生まれ。元代官山の老舗洋菓子店シェ・リュイのパン職人という異色の税理士。大原簿記学校の税理士科講師(法人税法)を3年、税務コンサルティングファーム、赤坂の税理士法人渡邊芳樹事務所で6年間の実務経験。
税理士法人では、主に法人を中心に中小企業の税務サポートから上場企業の合併、会社分割等の組織再編、グループ会社での連結納税等の特殊税務、スキーム構築を担当。
2013年1月に廣升健生税理士事務所を開業。フリーランスやスモールビジネスの業務効率化を推進しており、freee導入支援、顧問実績では、税理士事務所では最多を誇る(2015年5月現在)。
また、youtubeを使って、会計税務の情報発信を行っており、
youtube動画【freeeの全自動化マニュアル】は
著書『会社の経理を全自動化する本』の情報を、言葉で伝えるべくメディアミックスを行っている。

税理士試験の戦績は下記のとおり

経歴

目次-こちらをクリックすると上にスライドします-

税理士試験

今年の確定申告は勉強して自力で頑張る?それとも外注する?

廣升健生税理士事務所では確定申告のサービスを提供していますが、「是非とも、うちにご依頼ください!」とは言いません。自力でできる方は、税理士に頼まずに、是非自分で取り組んでみてください。
さて、あなたはどっちのパターンで確定申告しますか。

今年の確定申告はどっち?詳しくはこちら

タグ: ↑上に戻る