法人向けfreee導入サポート7

7.廣升健生税理士事務所がfreee(フリー)をオススメする理由

前の話続きになりますが、わたくしは、クラウド会計ソフトfreee(フリー)を使った業務フローの効率化をサービスさせて頂いております。

昨今、会計事務所も差別化をするために、専門性を打ち出す事務所は多くなっています。
例えば、相続税専門の事務所や飲食業界に強い、美容業界に強いなどです。

そういう意味では、我が事務所はクラウド会計ソフト特化事務所ということで、税目や業種ではなく会計ソフトありきの特化事務所ということになります。
会計ソフトはあくまでツールです。

ツール自体を特化させるというのは、賛否両論ありそうですが、わたしはとても大事なことだと思っています。
そもそも、税理士はお客様にとってどのようなサービスを提供するかという根本的な話を考えて場合には、ぱっと思いつくのは、税の専門家として、節税のお手伝いをする。そして、経営のアドバイスをするというものだと思います。

ただ、節税のお手伝いをすると言っても、お客様が売上をあげて儲けを出さない限り、会社の儲けに課税される法人税が発生することはありません。(消費税や住民税均等割は、赤字でも発生します)
また、経営のアドバイスと言っても税理士は売上を上げる施策を提案できるかと言われれば、一般的にはその様な事はできません。

基本的に税理士の仕事は、費用(支出)を管理する守りの専門家という事になります。
儲けの金額は収益から費用(法人税の用語では益金と損金)を差し引いて算出されるわけですから、費用のコントロールは提案できても、収益の創りだすことはできないのです。freee法人向け導入サポート07図解2 そうであれば、小中規模の法人にとって求められる業務というのは日々の業務を効率化して、費用の支出をコントロールし、お客様が本業に注力出来るようにサポートすることなのだと考えます。
言い換えれば、煩雑な経理業務を会計事務所に丸投げして支払う顧問報酬が高い事で、費用が削減できずに、利益が出ない様な状況になっては、何のための会計事務所かわかりません。
もちろん、儲かって儲かってしょうがないという、法人であれば会計事務所に顧問報酬を支払っても、適切な節税指南を受けることができて満足という事になると思います。

しかし、多くの中小企業にとって、経理業務等の間接業務及び間接コストの削減の方が節税指南よりも先にまずは取り組むべき極めて重要な課題だと考えいます。freee法人向け導入サポート07図解1

そういう意味では、法人の業務効率を最適化出来る為に何が必要かと問われれば、専門家の会計の税務の知識よりもまずは、ツールである、会計ソフトだと考えるのです。
そしてその最適な会計ソフトが現状ではfreeeだということです。
わたしは、セミナーでこのfreeeでの取り組みをお話させていただくときに、鉄砲伝来を例に出します。

戦国時代に、鉄砲が伝来しその後織田信長が鉄砲隊を駆使し長篠の戦いで、武田騎馬隊に勝利した様に鉄砲も所詮は戦をするためのツールでしかありません。
ただし、技術の発展と共にツールが劇的に進化し、鉄砲の登場で戦国時代の戦のやり方自体も様変わりしました。
そういう意味では、freeeのツールとしての革新性は、鉄砲と同じ様に、これまで当たり前と思っていた業務フローを一変させることができます。
その様な理由からわたくしの事務所ではfreeeを使った会計税務サービスを提供しているのです。
Speaker at business workshop flat icon with long shadow,eps10

法人向けfreee導入サポート

Speaker at business workshop flat icon with long shadow,eps10
法人向けfreee導入サポート

法人向けfreee導入サポート 廣升健生税理士事務所では最近急速に問い合わせが急増している法人様へのクラウド会計ソ...

法人向けfreee導入サポート1
1.freee(フリー)は法人には向かないですよね?

1.freee(フリー)は法人には向かないですよね? この質問は法人の経理担当者等から、事務所へのお問い合わせをい...

法人向けfreee導入サポート2
2.freee(フリー)は個人事業主向けのクラウド会計ソフトだと勘違いされる理由①

2.freee(フリー)は個人事業主向けのクラウド会計ソフトだと勘違いされる理由① クラウド会計ソフトfreee(...

法人向けfreee導入サポート3
3.freee(フリー)は個人事業主向けと勘違いされる理由②

3.freee(フリー)は個人事業主向けと勘違いされる理由② 1つ目の理由はユーザーインターフェースの話でした。 ...

法人向けfreee導入サポート4
4.法人でのfreee(フリー)導入メリット① 見えるコストが大幅に減ります

4.法人でのfreee(フリー)導入メリット① 見えるコストが大幅に減ります 会計ソフトを乗り換えるというのは、な...

法人向けfreee導入サポート5
5.法人でのfreee(フリー)導入メリット② 見えにくいコストも大幅に減ります

5.法人でのfreee(フリー)導入メリット② 見えにくいコストも大幅に減ります 前の話では、クラウド会計ソフトf...

法人向けfreee導入サポート6
6.会計ソフトはユーザーが選ばないといけません

6.会計ソフトはユーザーが選ばないといけません 一番最初にアナウンスをしていますが、わたくしの事務所では法人向けの...

法人向けfreee導入サポート7
7.廣升健生税理士事務所がfreee(フリー)をオススメする理由

7.廣升健生税理士事務所がfreee(フリー)をオススメする理由 前の話続きになりますが、わたくしは、クラウド会計...

法人向けfreee導入サポート8
8.freee(フリー)を使った、業務フローの効率化例

8.freee(フリー)を使った、業務フローの効率化例 3つの例は、実際に導入のお手伝いをしたお客様の一例です。 ...

法人向けfreee導入サポート9
9.法人向けfreee(フリー)導入支援サービス

9.法人向けfreee(フリー)導入支援サービス 随分長い文章になってしまいましたが、クラウド会計ソフトfreee...

全国でセミナーを開催させていただきます

10月11日から全国10ヶ所で㈱マネーフォワード様との共催でセミナー【埋もれた人材活用のススメ!人材不足に悩む会計事務所こそMFクラウド会計を導入すべき理由】をさせていただきます。
そもそも、会計業界はなぜ人材不足なのか?その本質的な理由を考えていくと、やはり【クラウド】というキーワードは避けて通れません。
セミナーでは、廣升健生税理士事務所のクラウドツールやクラウド会計を活用して効率的な事務所運営のノウハウを余すところなく公開いたします。
ぜひ、ご参加いただければ幸いです。

全国セミナーで伝えたいこと【会計業界人材不足の本質的理由とは】はこちら

タグ: ↑上に戻る