表紙

100廣升デフォルト

最近、はじめましたこのサイト【升メディア】の第三者への開放化。サイトの中でも特に多く皆さんに読まれている『パン屋が税理士になる方法』ですが、税理士試験の受験生は経歴もアプローチも十人十色。そこで、今回の新コンテンツは、アラフォーで不動産管理者から一念発起して、税理士試験勉強中の大浦智志(おおうらさとし)さん。詳しい話は、おいおいするとして、今回は、税理士試験を目指したきっかけからです。

our05

そうですね。まずはここから

なぜ不動産から道を変えて税理士試験勉強したのか?

our09

この理由の一番は、何と言っても「時間と収入に対するイニシアチブ」を持ちたかったことです。

abayo

サラリーマンは、個人事業よりはるかに安定的ではありますが、長期的に勤務するという前提(「安定」を求めるならそうですよね?)であれば、会社に対して、この部分で自分を捨てねばなりません。

our07

まだ道半ばに過ぎませんが、この目標を達成するために始めました。そこに自分の様々な希望を盛り込んだことが、結果として「税理士試験受験」につながっています。現状、「収入」は下がっていますが、「時間」に対するイニシアチブは大幅に増えました。

税理士試験をはじめたきっかけ

きっかけは、妻が、私が現在勤務させて頂いている税理士法人に勤務していたことです。
税理士試験を目指す前から、お付き合いがあり、お忙しそうには見えましたが、充実したお仕事ぶりをされているように見受けられましたし、今実際に一緒にお仕事させて頂いていてもそう感じます。
また、「ブラック」な事務所にご勤務されている方には申し訳ないのですが、パート勤務ではありますが、スーパーホワイト事務所です。

今時、パート勤務だって責任は持たされるのに、逆に勤務シフトに対する主導権は、全くと言ってもいいほどもたせてもらえません。
自分が出勤しなければ、他の勤務者に迷惑がダイレクトにかかる体制になってしまっているからです。
(詳細は、本旨を外れるので割愛しますが、実体験として、2年前に勤務していた「日本郵便」でも、一昨年の「セブンイレブン」でも、似たようなことがありました)

私は、個人事業主であれ、サラリーマンであれ、仕事とは、自分の時間を投入してリターンを得る「事業」だと考えています。仕事とは

そのリターンが投資に見合わないのであれば、その事業から撤退する必要があります。

元業界の不動産管理の世界では、幸いにして、私が業界に入ってしばらくして、「マンション管理士」という資格ができ、20代半ばで、この第1回試験に合格しています。

この他、2級(「1級」は学歴制限から経験年数が不足しました)ではありますが、「建築施工管理技士」と「管工事施工管理技士」にも合格しており、この複合で、キャリアパスを考えながら転職することができました。

これにより、満足行くとまでは言えませんが、生活は十分できるレベルの給与を頂きながら、時間を投資することにより、サラリーマンという立場から、会社組織に所属する立場で、経験と実績を積むという対価というリターンを得ることができました。

jirihin2

しかし、年齢(税理士試験勉強開始時「38歳」)と転職回数(正社員経歴で「5回」)の問題から、これ以上の転職を行うことが難しくなりました。
ただ、元業界は35歳を超える人の転職が難しい職場では、ありません。
むしろ、20代から勤務している人はほとんどいない業界です。
普通の新卒者は、採用直後にすぐ全員やめてしまう、過酷な職務だからです。

自らのブログでも先日記事にしましたが、20代当時の勤務先(当時は工事監理を行いつつ、ノルマもある技術営業)では、平日は工事監理と協力業者打合せがあり、週末は、マンション居住者であるお客様(平日夜からの場合もあり)との打合せ、深夜は、夜間緊急センターからの問い合わせや緊急出動要請に応える4年間を過ごしました。
これで勉強しながら、資格試験にも合格する必要がある業界です。
(もちろん、種々の要素を無視して、いろんなモノを蔑ろにして、勉強もせず、会社におもねり、薄給で長時間働き続けるという選択肢もあります)

20代ならなんとかなりますが、30代後半となり、体力の衰えを感じる中、これ以上の無理は厳しいと感じていました。
まぁ、30代となり、要領も多少覚え、20代ほど厳しくは無くなりましたが、新規の仕事を振られるほど、経験というリターンはありながらも、貴重な時間を失っていきます。
会社は評価として、毎年昇給してくれていましたが、結果として、時間給単価は、元から高給ではないにもかかわらず、激減していました。
もちろん、会社が稼げていないのに、社員が儲かるはずもありません。
業界全体が、スケールメリットを狙って合併を繰り返し、コストカットという名目の、人員削減や年俸制という名の全体給与の削減を毎年何かの形で行っている状況です。
自分だけが、特別に良くなることは、考えにくい状況でした。
(優秀な方は別かもしれませんが・・・)

また、私は30代後半で再婚(初婚は20代のこの忙しい頃で、破綻しています)し、子供が欲しいと考えていました。
そして、イクメンが流行る昨今、自らの子供時代を振り返り、子育てには自分も参画したいと考えていました。

our02]

このような思いから、「税理士試験受験」に臨んでいます。「税理士試験受験」の具体的なお話は、次の記事にて。では、また!

11月に全国4ヶ所でセミナーを開催します。

大好評だった10月の全国セミナーに続き、11月も全国4ヶ所でセミナーを開催いたします。
今回は自主開催で、前回よりも更に事務所の効率化事例を細かく紹介いたします。
セミナータイトルは『会計事務所の生産性向上にクラウド会計は必要ない!?ワンクリックオペレーションのススメ』です。
せひ、ご参加ください。

セミナーの詳細はこちら

↑上に戻る